コースで突然勃発するグリーン周りのシャンクの予防法


今回は、コースで突然勃発するグリーン周りのシャンクの予防法について、紹介したいと思います。

グリーン周りのアプローチで、突然シャンクが出てしまった時の対策について、
説明させていただきます。

コースで突然シャンクが出てしまった場合は、この部分に気をつけていただけると、
シャンクが収まる練習ドリルです。

通常通りに構えていただきます。
シャンクが出る原因として、右足の動きが挙げられます。
右足が前に出てしまうことが原因です。

スイングプレーンがフラット

右足が前に出るということは、スイングプレーンがフラットになってしまい、
ヘッドが倒れて、ネックが一番最初にボールに到達してしまうことになります。

スイングプレーンがフラット

右足を前に出さないように気をつけることが重要です。
右足が前に出なければ、シャンクを抑えることができます。

練習ドリルでは、アドレスに工夫を加えて、シャンクを防止します。
アドレスしていただいたら、右足のひざを内側に傾けます。

右足を内側に

左のひざの内側につけていきます。
ひざをつけた状態のまま、アプローチしていきます。

ダウンスイングでひざが前に出てしまい、離れてしまうのはNGです。
それでは一度打ってみたいと思います。

右足のひざを左ひざの裏につけて、ひざの位置を固定したまま、
打っていきます。

付けた状態のまま

シャンクが出た時には、ひざの位置を注意したアドレスを作ってみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼