ゴムチューブを使った練習ドリル


今回は、ゴムチューブを使った練習ドリルについて、紹介したいと思います。

体の動きを停止して、腕のみでスイングする方がヘッドが走ります。
体を中心に回転してしまうと、
ゴムチューブが伸びてこないで、強くヒットすることができません。

身体の回転に注意する必要はありません。
手打ちのつもりでかまいません。

しかし、例えばダウンスイングは下半身から始動していくと
教わってきた方々には、ピンとこないかもしれません。

そこで、ゴムチューブを使ってスイングしていただいて、
体の使い方、腕の正しい振り方についてチェックしたいと思います。

ゴムチューブをトップまで動かしていただいて、
下半身から動かすか、または体の回転を中心に
移動していくとどうなるか?

腕が右から左へとヨコ方向へ移動していき、
ゴムチューブがぐーんと伸びていくようにはなりません。

そこで、体の動きを止めて腕だけでゴムチューブをスイングしてみると
どうなるかです。
びゅーんと伸びて、ボールを強く、ダウンブローのスイングが実感することができます。

腕を十分にスイングすれば、身体の回転も自然についてきます。

ダウンスイングをマスターするには、
ゴムチューブをビュッと振るような手で打つ感覚が必要です。

ゴムチューブの先がボールのところで
伸びていることを感じながら、
リラックスしてスイングします。