ゴルフの練習でグリップをジャストフィットさせる方法


今回は、ゴルフの練習でグリップをジャストフィットさせる方法について、紹介したいと思います。

グリップを握っていて、その日その日で感覚が変わってしまう方がいると思います。
そういう方々がしっくりとしたグリップを作るためのチェック方法を紹介したいと思います。

まずは、左手でシャフトの真ん中を握ります。そのままシャフトをスライドさせて、
手の形を変えないで、グリップを握ります。

hidarite

girpuu

こうすることで、しっかりと指で握る感覚が掴めます。
右手も同様です。親指と人差し指で、シャフトの真ん中を握ります。

そのままスライドさせて、グリップを握ります。手の形を変えないようにして下さい。
指でグリップを握っているかを確認して下さい。

それでもまだしっくりこないと言う方は、シャフトの真ん中を握って、グリップしてみて下さい。
指で握る感覚を感じ取ることができます。

shahuto gurippu

この時、手の平で握ってしまうと、手とシャフトの間に隙間が出来てしまい、
グリップがしっくりこない原因になってしまいますので、注意して下さい。

指の第一関節と第二関節を曲げて、シャフトを握るようにしてみて下さい。
そのままグリップまでスライドさせてください。

このようにすることによって、しっくりとしたグリップを作ることができます。
みなさんもぜひ細いものを握って、グリップを作ってみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼