ゴルフシューズの重さとスイングの関係


今回は、ゴルフシューズの重さとスイングの関係について、
紹介したいと思います。

スイングの安定感を増すためには、シューズの重量はある程度必要です。
しかし、重すぎ、軽すぎは、スイングの崩れにつながるので、注意が必要です。

スイングを大別すると、2つに分類することができます。
1つ目は、体重移動を利用して、飛ばす方法です。
2つ目は、身体の捻転を使って、飛ばす方法です。

体重移動を使うスイングでは、シューズの重量が重いと、スイングの乱れが起きやすくなります。
捻転を使うスイングでは、シューズの重量が重すぎても軽すぎても、スイングの乱れが起きやすくなります。

体重移動を使うスイングでは、インパクトで右足の浮き上がりがほとんどありません。
軽いシューズでスイングするなら良いのですが、重すぎると、
左足への体重移動がうまくいかずに、飛距離が出なくなる危険性があります。
クラブヘッドが返ってしまい、ひっかけの原因になることもあります。

身体の捻転を使うスイングでは、インパクトで右足が浮きやすくなります。
捻転のスピードが速く、右足のけりを使うことが要因ですが、

シューズ重量が適正であれば、インパクトを身体の正面で迎えることができます。
しかしシューズが軽すぎると、右足が浮きやすくなってしまい、腰の開きが早くなってしまいます。
スライスの原因にもなります。

シューズが重すぎても、左足への体重移動が難しくなるため、
ひっかけやダフリの原因になります。

ゴルフシューズの重量を変えるだけでスイングが変わるかもしれません。