ゴルフスイングのダウンスイングで上体が突っ込むクセの修正ドリル


今回は、 ゴルフスイングのダウンスイングで上体が突っ込むクセの修正ドリル
について、紹介したいと思います。

今回の練習ドリルでは、ダウンスイングでボールに向かってしまい、
上体が全体的に左に突っ込んでしまう方々のための解決ドリルです。

上体が突っ込んでしまう1

ボールと打ちたい意識が強すぎると、上体がボールに対して、
突っ込みやすくなってしまいます。

上体が突っ込んでしまうと、スイング軌道はアウトサイドインになり、
フェイス面が開き、スライスが出やすくなってしまいます。

またダフリも出やすくなり、練習場ではマットの影響でボールは飛んでも、
芝の上では、飛距離が落ちてしまうことがあります。

ドライバーでは、スライスやテンプラの原因になります。

通常通りにアドレスを構えていただきます。
ここから左足を一歩引いていただいて、つま先で立ちます。

つま先で立つ

つま先に体重をぐっと乗せないように注意して下さい。
ほとんど右足一本で立っているような感覚でアドレスして下さい。

ここからスイングをしていきます。
手首は若干ハンドファーストです。

ボールは、やや右足側にセットして下さい。
バックスイングからダウンスイングにかけては体重を左足に乗せないように
注意して下さい。

スイング

▼動画レッスンはこちら▼