サンドウェッジからの寄せワンスイング


今回は、サンドウェッジからの寄せワンスイングについて、紹介したいと思います。

バンカーからピンまで20ヤード以上ある場合は、フェイス面はストレートで、ノーコックがオススメです。
しかしピンまで10ヤード、距離が短い場合は、ボールを飛ばさないショットが必要になってきます。

ボールを飛ばさないポイント1は、フェイス面をオープンにして、ボールを左側に移動します。
ボールは、左足の土踏まずの延長線上にセットします。

この位置を基準にして、左側にボール1個分ずらすごとに、飛距離を5ヤードづつ落とすことができます。
ポイント2は、手首を積極的に使っていきます。

バックスイングを開始して、手首が右足の前あたりまで来たら、コックを使っていきます。
手首は、胸の前あたりまで、上げてください。

コックを使っているので、スイング軌道は、通常のバンカーショットよりも若干外側になります。
トップからダウンスイングにかけてですが、手首のコックをキープしたまま、シャフトを立てたまま下ろしてくる感じです。

その勢いを維持したまま、上から落としてくる感じです。膝は柔軟に動かしていきます。
膝を飛球線方向に動かして下さい。しかし頭は、アドレスの位置から動かさないようにして下さい。
頭を動かしてしまうと、砂を取り過ぎてしまいます。