サンドウェッジで打ち分ける方法


今回は、サンドウェッジで打ち分ける方法について、紹介したいと思います。

最初にピッチエンドランです。基本の打ち方になります。やさしいアプローチであり、距離感が出しやすい長所があります。
ウェッジを使う際の注意点は、思った以上にスピンがかかってしまい、距離感が狂ってしまうことです。

距離感を正確にするために、スピンを極力かけないようにします。
スピンをかけないためには、ヘッドスピードをインパクトで加速させないようにします。

ヘッドを加速させないためには、身体の回転よりもヘッドスピードを速くしないことです。
身体の正面にクラブをセットするつもりで、スイングして下さい。

アドレスするときには、身体のセンターにクラブのリーディングエッジを合わせていただき、そもまま地面にクラブを置いて下さい。
アドレスでのフェイス面の向きを最後まで変えないように打つことが重要です。

ボールをセットする位置は、身体のセンターよりボール約1個分右サイドです。
これ以上右サイドだと、スピンがかかりやすくなるので、注意して下さい。

スイング中は、下半身をどっしりと構えて下さい。身体が左右にぶれなければ、
両肩と手首を結んだ三角形を最後までキープすることができます。

インパクトからフォロースルーにかけては、胸をターゲット方向に向けるようにして下さい。
そのスピードに合わせて、ヘッドを動かすようにして下さい。