サンドウェッジの使い方


今回は、サンドウェッジの使い方について、紹介したいと思います。

サンドウェッジをマスターするためには、バンスを上手に利用する必要があります。
バンスを利用することができれば、アプローチでのミスショットを減らすことができます。

バンスを利用するための方法ですが、フェイス面を30度オープンにしていきます。
ボールの約10センチ程度手前にヘッドを接地させて、インパクトを迎えます。

リーディングエッジで打つのではなく、バンスを滑らせて打つ感覚が大切です。
バンスが滑り続けてボールを捉えるので、ボールを飛ばすことができます。

逆にフェイス面をスクエアにしてしまうと、バンスを使うことができなくなります。
フェイス面がスクエアになってしまうと、リーディングエッジが接地してしまい、
地面に刺さってしまい、ダフリの原因になってしまいます。

フェイス面がオープンになると、リーディングエッジが地面から離れるので、
地面に刺さることが減って、ダフリが防げます。

フェイス面は30度ならベストですが、不安な方は15度でも十分にバンスを使うことができます。
スイングですが、両足をくっつけて、左足に体重を乗せます。

ボールの10センチ手前にヘッドを接地させて、バンスを滑らせて、
ボールをヒットしますフォロースルーでは、目線を上げないようにしておきます。