シチュエーションに応じたアイアンの打ち方①


今回は、シチュエーションに応じたアイアンの打ち方について、紹介したいと思います。

・フェアウェイバンカーからの打ち方
フェアウェイバンカーにボールが入ってしまった場合は、
ダウンブローで打っていく必要があります。

ダウンブローで打つことによって、ボールを正確に打つことができます。
ダウンブローでボールをとらえるためには、左足下がりの状況を作ると良いです。

バンカーは砂でできているので、シューズを埋め込むことによって、
左足さがりを自分で作ることができます。

シューズの左足を砂に埋め込みます。右足は、内側だけ埋め込みます。
砂に埋め込む深さを右足と左足で変えることによって、左足下がりの状況を作り出します。

シューズの右足を内側だけ埋めることは、他にもメリットがあります。
内側だけ埋め込むことによって、バックスイングで身体が右側に流れにくくなります。

バックスイングで身体が右側に流れてしまうと、ダウンスイングでアドレスの状態に
戻りにくくなります。

そうすると、手前の砂を打ってしまい、ダフってしまいます。
内側だけシューズを埋め込むことによって、右側がブロックされて、
最初のアドレスの状態に戻りやすくなります。

振り幅は、耳の高さまで大丈夫です。これ以上上げてしまうと、
ダフリやすくなるので、注意して下さい。

クリーンに打てれば、番手を上げる必要はありません。