シチュエーションに応じたアイアンの打ち方②


今回も、シチュエーションに応じたアイアンの打ち方について、紹介したいと思います。

・左足下がり
左足下がりのライで打つための秘訣は、傾斜の角度に沿って、
アドレスすることです。常に傾斜に対して、垂直にアドレスることがポイントです。

傾斜の角度に直角に立たないデメリットは、ダウンスイングから
フォロースルーにかけて、上半身が伸び上がってしまい、
トップやダフリなどのミスが出やすくなります。

左足下がりの傾斜は、ボールを上げにくいです。
無理にボールを上げようとせずに、フォロースルーでは、
上半身を地面に向けた状態のまま、低く振り抜きます。

・左足上がり
左足上がりのライで打つための秘訣は、左足下がりとは逆に、
傾斜の角度に垂直ではなく、地球に垂直に立つことがポイントです。

地球に垂直にたつ理由は、心理的にボールを上げやすい欲求にかられますが、
身体の捻転が使いにくくなります。ひっかけやフックが出やすくなるからです。

地球に垂直にアドレスしたら、右手1本でグリップして下さい。
左手は、左腰を触って下さい。左腰を触ったら、
左腰を回してみて下さい。

この練習によって、ダウンスイングからフォロースルーにかけて、
身体を捻転させていくことをマスターして下さい。

この素振りを何回かした後、実際にボールを打ってみて下さい。
左腰が回転しやすくなるはずです。