シチュエーションに応じたアイアンの打ち方③


今回も、シチュエーションに応じたアイアンの打ち方について、紹介したいと思います。

・つま先下がり
つま先が下がったライは、ボールが右方向に行きやすい傾向があります。
右に行きやすいので、アドレスは左方向に向く必要があります。

どのくらいの角度で左に向けば良いかは、個人差がありますが、
右肩でターゲットを見るくらいの角度が良いかと思います。

つま先下がりのライは、アドレスを取りにくい分、
足を固めようとする傾向があります。

足を固めようとすると、腰が左方向に流れてしまい、
フェイス面がオープンになってしまい、ボールが右方向に行くこともあります。

足を固定するのではなく、腰を固めるイメージが良いと思います。
スイング軌道は、若干カット打ちでスイングしてみて下さい。

・つま先上がり
つま先が上がっているライで、通常通りのアドレスを取ってみて下さい。
フェイス面が左方向を向いていることが多いはずです。

フェイス面が左方向を向いたまま打ってしまうと、
左方向にボールが飛んでいってしまいます。

そこでフェイス面を右方向に向ける必要があります。
右方向に向ける角度ですが、つま先下がりの角度とは逆に、
左肩が目標から隠れるくらいに、クローズドスタンスで立ちます。

そのくらいの角度で、右方向に向けると、ターゲット方向に
ボールが飛んでいきます。

もう一つ重要なことは、ボールをセットする位置です。
通常の位置より、ボール1個分右側にセットします。

ボールの位置を変えることによって、よりクリーンヒットすることができます。