ショートしないパターの打ち方


今回は、ショートしないパターの打ち方について、

紹介したいと思います。

 

パターを入れてくる選手と特徴としては、

必ずカップをオーバーしてくることです。

 

ショートしているうちは、カップインすることはありません。

ショートしてしまう原因として多いのが、

インパクトで、グリップが緩んでしまうことです。

 

インパクトで緩んでしまうと、

ヘッドが遅れてきてしまって、

フェイス面がオープンになってしまったり、

引っかけの原因になってしまいます。

 

極端な言い方をすれば、

パンチショットに近いイメージで

インパクトを迎えます。

 

インパクトまでは、緩みに気をつけていきます。

インパクトでは、ボールを打ち抜いていくイメージです。

 

金槌で釘を打つ感じです。

バックスイングは大きめにとっていただいて、

フォロースルーを小さめにします。

 

インパクトに全神経を集中させることができるので、

ボールの転がりが良くなってきます。

グリップの力加減ですが、

同じくらいに握ってください。

 

ボールの両端にティを1本づつ挟んで下さい。

ボールをヒットした時に、フェイス面が2本のティに

同時に当たるようにして下さい。

 

そうすると、フェイス面がスクエアになっている

証拠になります。