ショートアイアンの打ち方のルール


今回は、ショートアイアンの打ち方のルールについて、紹介したいと思います。

ショートアイアンをマスターするための最初のポイントは、ターゲットを明確にすることです。

残り100ヤードから120ヤードの場合、ピンをデッドに狙ってしまうと、ミスショットの可能性が出てきてしまいます。

そこで、グリーンを縦横に4等分していきます。4等分したら、カップが切ってある地域をターゲットにしていきます。

地域をターゲットにしたほうが、緊張せずに楽な気持ちでショットすることができます。
カップが切ってある地域にボールを乗せることができたら、必然的にボールは、
カップから1ピン以内に寄っている可能性が高くなります。

次にアドレスです。ターゲットに対して、アドレスが正確な位置になっているかです。
アドレスは、軽く考えられがちですが、ショットの行方を左右する大変重要な作業です。

ターゲットが明確になったら、ボールから40センチくらいの所に小目標を設定します。
40センチを超えてしまうと、小目標を確認するために、頭を動かす必要が出てくるので、注意して下さい。

構えたらスイングしていきます。すぐにスイングすることがポイントです。
時間が経つほど、アドレスや前傾角度が乱れるので、注意して下さい。