ショートアイアンの飛び過ぎとミドルアイアンの飛ばな過ぎを修正する方法


今回は、ショートアイアンの飛び過ぎとミドルアイアンの飛ばな過ぎを修正する方法について、紹介したいと思います。

ショートアイアンで、ロフト角が立ち過ぎてしまうと、ボールは飛び過ぎてしまいます。
ロングアイアンでは、ボールが低く飛び出してしまい、飛距離をロスしてしまいます。

この二つを解決する秘訣が、右手の平です。右手の平をフェイス面と仮定して下さい。
手首が腰の位置に来た時に、右手の平が正面を向くようにして下さい。

ヘッドのトゥ側が空を向くようにして下さい。
バックスイングでは、右わきを締めた状態で、クラブを上げてくると、
右手の平が正面を向いて、ヘッドが空を向くようになります。

バックスイングで、フェイス面が地面を向いた状態で上げてしまうと、
ロフト角が立ち過ぎてしまうので、注意して下さい。

距離感を安定させるためには、インパクトでボールに当たる力が、一定である必要があります。
練習ドリルとしておすすめなのが、マットの右端ドリルです。マットの右端にボールをセットしていただいて、
ボールを打ちます。ダウンブローすぎてしまうと、クラブを傷つけてしまいます。
アッパーブローでは、マットごと打ってしまいます。

適切な角度でクラブを下してくる感覚が身につきます。