ショートアイアンダフリ防止ドリル


今回は、ショートアイアンダフリ防止ドリルについて、紹介したいと思います。

ダフリやすいクラブと言えば、ロングアイアンのイメージが強いですが、
実はショートアイアンの方がダフリやすいと言われています。

ティショットがナイスショットして、パーオンするには絶好の位置にある時に、
セカンドでのダフリや精神的も大きなダメージが残ってしまいます。

ダフリそうでだふらないロングアイアンは、身体の軸をキープしようとする気持ちが
働きます。またシャフトが長い分、スイング軌道が自然と横回転になってきて、
地面に入る角度がゆるやかなので、ダフリの影響が少なくなります。

しかしショートアイアンは、シャフトが短い分、簡単だと油断してしまい、
身体の軸をキープしようとする気持ちが弱くなってしまい、
クラブが入っていく角度が急になってしまいます。

そのせいで、ダフリの影響が大きく出てしまいます。
ショートアイアンでダフルと飛距離が普段の半分くらいまで落ちることがあります。

身体の軸を保つための方法ですが、頭の位置をキープしようとすると、
身体の軸が動きやすくなってしまいます。

頭を意識するよりは、目線をキープしたほうが、身体の軸が安定してきます。
アドレスしていただいたら、視界に見える景色の中にあるボールと景色の
位置関係がずれないように、バックスイング、トップ、ダウンスイングを維持して下さい。