ショートアイアン手打ち防止法


今回は、ショートアイアン手打ち防止法について、紹介したいと思います。

ショートアイアンは、ドライバーなどのシャフトが長いクラブに比べて、シャフトが短い分、お手軽に打てるクラブです。
しかし簡単に打てるだけに、手打ちになってしまう危険性もあります。

ショートアイアンで、手打ちは絶対にNGです。狙った所にボールを運ぶには、身体の捻転で打つ必要性が出てきます。

手打ちを防ぐための練習ドリルとしては、重量があるアイアンで打つ練習がおススメです。
練習では、最初に重たいアイアンを素振りしてみて下さい。素振りをしたら、実際にボールを打ってみて下さい。

重量があるアイアンで手打ちは難しくなります。自然と身体の捻転を使う打ち方をマスターすることができます。

もし重量があるアイアンが無い場合は、アイアンを2本持って素振りをしていただいても結構です。

他には、バックスイングする時に、何か重いものを押していく練習があります。
傘を置いて、傘の柄をクラブヘッドで押してみると良いです。

ダウンスイングで手打ちになりやすい方は、ゴルフバックを置いていただいて、
ゴルフバックを押していく練習をしてみると良いです。

バックスイングでもダウンスイングでも押す感覚が持つと、手打ちが少なくなります。