ショートパットの打ち方


今回は、ショートパットの打ち方について、紹介したいと思います。

ショートパットで注意する点は、身体の緊張を緩めずに
打つことです。身体を緩めないためには、
アドレスで、身体のラインがオープンにならないことが重要です。

身体をオープンにしてしまうと、ボールに勢いがなくなってしまい、
芝の目や傾斜に負けてしまいます。

転がりが強いボールを打つためには、カップを見ないようにして、
ストレートに構えていただいて、ボールをヒットした後には、
ボールを追いかけるように見るようにします。

ボールが転がる方向に向かって、ヘッドを出すようにしていきます。
ヘッドを最後まで振り切るようにして下さい。

ストロークが安定してきたら、強いボールだけではなく、
カップ手前からコロッと入れたり、カップの右サイドや
左サイドから入れる練習をしてみて下さい。

緊張して打てなくなったときは、アドレスを外して
再びアドレスしてみて下さい。

アドレスしたら、すぐ打つようにします。
打たずにアドレスしたままでいると、
身体がだんだん硬くなってしまいます。

アドレスしたら、すぐに打ちます。
自分を信じて、ボールがラインを転がって、
カップにコロッと入るイメージを思い出して、
しっかりと振り切ります。