ショートホールでの打ち急ぎと振り遅れを防ぐ方法


今回は、ショートホールでの打ち急ぎと振り遅れを防ぐ方法について、
紹介します。

ショートホールでは、ティショットがどこに行ったかで、
結果の大半が、分かってしまいます。

ティショットが重要な分、身体が硬くなってしまい、
打ち急いだり、振り遅れたりしてしまいがちです。

・打ち急ぎの対処法
打ち急ぎの原因は、身体に力が入りすぎているケースが多いようです。
打ち急ぎを防ぐために、トップポジションを小さくしようとすると、
よけい緊張してしまい、力が入りやすくなってしまいます。

打ち急ぎに対しては、スローテンポで捻転していただき、
トップは、通常のポジションまで上げていきます。

ダウンスイングからインパクトにかけては、フェイス面全体ではなく、
ヒールで打っていく感じを持ちましょう。

ヒールから打っていくと、フェイス面がかぶらなくなります。
インパクトでは、芝を擦っていく感じで打ってみて下さい。

フォロースルーでは、シャフトを立てて、フィニッシュをとって下さい。

・振り遅れの対処法
振り遅れの原因は、打ち急ぎとは逆に、オーバースイングになっている
可能性があります。

トップが深すぎるために、ダウンスイングからインパクトにかけて、
手の動きが、遅くなりすぎてしまうのです。

バックスイングは、肩の高さくらいで大丈夫です。
フィニッシュは、大きくとって、最後まで振り抜いて下さい。

グリップは、短めに握って下さい。
クラブを短めに握ることによって、自分でスイングしていく感覚を
体感できます。