ショートホールでワンオンする方法


今回は、ショートホールでワンオンする方法について、紹介したいと思います。

ショートホールで、重要になってくるのがルーティンです。
アマチュアゴルファーの方々にとって、ショートホールで
バーディをとることは、比較的楽かもしれません。

バーディがとりやすいので、アドレスの正確性が
不十分なことが多いようです。

アドレスをする前に、正確なルーティンをこなすことが大切です。

1.ホールを確認する
ティグラウンドで、最初に確認することは、ホールの全体像を確認することです。
多くの方は、ピンだけを見てしまう傾向がありますが、
バンカーや池、グリーン周りはどうなっているのか、確認していきます。

2.ティアップを高めにする
ショートホールでは、ティアップしてショットできる点がポイントです。
ティアップする際には、気持ちよく打てる高さにティアップして下さい。

ティアップを高くしすぎてしまうと、ヘッドがボールの下を通ってしまうので、
ボールが芝の上にあるなーと感じることができるぐらいの高さにティアップして下さい。

3.スパットを確認する
ターゲットを決めたら、クラブをターゲット方向に向けて、打ち出す方向を明確にします。

打ち出す方向が決まったら、スパット(小目標)を決めて下さい。
スパットは、色が変わった芝、ディボット、落ち葉など
分かりやすいものであれば、何でも構いません。

スパットを明確にすることで、打ち出す方向がよりはっきりします。

4.後方で素振り
ルーティンで素振りは、非常に重要な作業です。
ただしアドレスしている場所から背中側に下がって、
下がって素振りをするのは禁物です。

おススメの素振りは、飛球線と反対方向に立って、
飛球線方向に向かって素振りをすることです。

そうすることで、ターゲットがより明確になってきます。

5.アドレスしたらすぐに打つ
アドレスしてから打つまでの時間が長いと、身体が硬くなってしまいます。
アドレスしたら、すぐ打つことをおススメします。