シングルと100・90・80台の違い


シングルプレーヤーと100・90・80台のプレーヤーの違いについてお話したいと思います。

まず初めに、、、

あの帝王ジャック・ニクラウスが
こんな発言をしています!

Jack-Nicklaus-Winning-Wallpaper

「スコアの70%はピンから120y以内で打たれる。
だから、アプローチを重点的に練習すべきだ」

あなたもご存じだと思います。結局、ショットが悪くても、
アプローチとパターさえよければスコアはまとまるということを。

特に、寒い季節では、
夏とは違いたくさんのゴルフウエアを着こみ、

体も思うように動かない、、、

そんな中、自分の思い通りのショットをするのはほぼ不可能です。

では、どうしたらいいのでしょうか?

それは、アプローチとパターでカバーをするしかありません。

夏・秋のゴルフシーズンでは、
そこそこ調子がよかったのに最近スコアが悪い、、、

このような悩みがある人は、間違いなく
アプローチの技術がないからです。

シングルや上級者が、雨や強風、
ショットの調子が悪そうでもスコアをまとめてくるのは、

アプローチとパターが上手いからです。

本当にこれだけの違いです。

特に、アプローチをいかに1パット圏内の
1~3mくらいに寄せられるかが重要です。

その技術があれば、あとはパターを磨くだけです。

こんなデーターがあります。

アマチュアのハンディキャップと
リカバリー率(寄せワン率)のグラフです。

HCP リカバリー率

36     5%

18    14%

9     47%

5     55%

0     61%

注目してください。
シングルプレーヤーと80台~100以上の方では
リカバリー率(寄せワン率)に圧倒的な違いがあります。

ということは、
いいスコアを出すためには、アプローチが必要不可欠です。

アプローチさえ、上達してしまえば、
あなたは最短でスコアアップをすることも可能ですし、

調子が悪くても、雨でも、強風でも

満足の行くスコアをたたき出すことができるでしょう!!

一方、アプローチが下手のままでは、
ショットでせっかくグリーン近くにいっても
そこからダボ、トリとスコアを大きく崩すという恐怖心から
いつまでたっても抜けることはできません!!

たいてい、そういう次のホールのティーショットは
うまくはいかないでしょう!!

もし、あなたがゴルフでいいスコアを出したい!
ゴルフはスコアもこだわりたい!!

そう思っている向上心の溢れるゴルファーなら
ぜひ、アプローチを極めてください!!

必ず、あなたのスコアは飛躍的によくなります。

このことは、飛ばし屋でない藤田寛之プロの強さの秘密にもつながってきます。
540388_228074623961194_1522344560_n

なぜ、藤田寛之プロは中堅にも関わらず、若手に負けず、圧倒的な実力があるのでしょうか。

飛ばし屋でない藤田寛之プロの強さの秘密はこちら