シングルハンディの飛距離アップ法


今回は、シングルハンディの飛距離アップ法について、紹介したいと思います。

シングルの方々にとって、致命的なミスは、OBだと思います。
しかしOBを恐れれば恐れるほど、飛距離は落ちてしまいます。

OBを恐れてフェイス面をターゲット方向に合わせることを意識しすぎてしまうと、
インパクトが弱くなってしまい、飛距離が落ちてしまいます。

原因としては、当てにいくスイングは、左ひざがスウェーしてしまい、
フェイス面がオープンになってしまうことにあります。

当てにいくスイングには、様々なパターンがありますが、
右方向にアドレスして、ストレートに打っていくのも、その1つです。

当てにいくスイングを修正するには、
左サイドの股関節を上に切り上げていく事が大切です。

切り上げ方法のプロセスは、下半身主導で左足で地面を踏み込んでいきます。
この時、左ひざは曲がった状態にしています。

インパクトからフォロースルーにかけて、身体の捻転を解くと同時に、
左ひざを一気に伸ばしていきます。この動きによって、
ヘッドスピードが急激に上がります。

飛距離が伸びるのはもちろんですが、ボールが曲がりにくくなります。

左股関節を意識的に切り上げていくのは、なかなか難しいので、
左ひざを伸ばしていくことイメージを持ってみて下さい。

左ひざを伸ばしていくいく時の注意点は、身体も一緒に伸び上がってしまわない事です。
身体の前傾角度は維持して下さい。

インパクトの時に、ボールを右サイドから見るようにすると、
前傾角度を維持することができます。

左ひざを伸ばすことによって、左サイドをブロックできて、
ヘッドスピードが上がります。強いインパクトで、
長い間ボールを押すことができるので、飛距離が伸びます。

スイング軌道は、若干アッパーブローになって、球筋が高くなり、
適正なスピンも加わり、飛距離アップにつながります。