シンプルアイアンスイング


今回は、シンプルアイアンスイングについて、紹介したいと思います。

プロゴルファーは、クラブの性能をよく理解して、その特性を引き出すのがうまいと言われています。
各クラブのヘッドやシャフトの良いところを引き出すのは、力ではなくタイミングです。

バックスイングでは、手首のコックを使わないようにします。
体重を若干右サイドに移動させて、身体の中心から始動していきます。

シャフトを強くしならせるタイミングは、切り返しの地点です。
バックスイングでクラブがトップの位置に来る前に、左サイドに重心を移動していきます。

このときに、シャフトが地面に向かって、しなり始めます。
ダウンスイング開始の段階で、しなりが元に戻るようにしていきます。

しなりが元に戻るタイミングに合わせて、体重を左サイドに乗せていきます。
インパクトの段階では、浅く長くターフを取っていきます。

最近のクラブは、ダウンブローで打ちこまなくても、
地面と平行に近いダウンスイングでも、ボールが上がってくれます。

インパクトでのクラブの角度は浅くしていただいて、浅く長いターフを取るようにして下さい。

フォロースルーでも手首を使う必要はありません。
最近のクラブは、手首の力を使わなくても、高くて飛ぶボールを打つことができます。