ジュニア スイング を教える為の基礎のレッスン


今回は、ゴルフ ジュニア スイング を教える為の基礎のレッスン
について紹介したいと思います。

【お悩み】
=====================

打ちっぱなしに行くときに、9才の息子が興味津々で、

いろいろと聞いてくるのですが、教えられるほど、

上手ではありません。

遊びで、好きに打たせています。

子どもでも基本をちゃんと教えてあげるべきですか。

教える方法があれば、アドバイス下さい。

=====================

というご質問にお答えします。

これからゴルフを始めるジュニアゴルファーには、
ゴルフを好きになってもらうことが大切です。

ゴルフは、ボールに当たらなかったり、カップに入らないと、
おもしろくありません。

まずはカップに近いところから、練習するのが良いと思います。

練習場では、ボールを飛ばしたい気持ちもあると思うので、
ジュニアでもできる方法を紹介したいと思います。

最初にグリップです。ジュニアの場合は、グリップに
こだわらなくても大丈夫です。

9才と言う年齢を考えると、グリップにこだわりすぎて、
振れなくなってしまうといけないので、好きに握っていただいて結構です。

gurippu

アドレスで意識する点は、左腕を伸ばした形にすることです。
左腕を伸ばしたまま、身体を右に捻っていきます。

hidariude

バックスイングは、ハーフくらいで大丈夫です。
ハーフスイングから練習していきます。

身体を右に向けたら、左に向けていく感じで、
振ってみて下さい。

migi

最初は、ティアップして打ってみて下さい。
スイングは、手打ちにならないように注意して、

身体を右に向けて、左に向けるようにして、
腕がついてくるようにして下さい。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。