スイングのタメ②


今回も、スイングのタメについて、紹介したいと思います。
スイングのタメと言っても、様々なタイプがあります。

1.    左手首でタメを作るタイプ
左手首でタメを作るのが適したタイプは、ボールを左足サイドにセットして、
トップの位置は頭の上にセットし、フェードボールを打つ方です。

このような方々が犯しやすいミスは、左手首のタメを作りすぎると、
手首のタメが解放されず、手首が先に行ってしまい、ヘッドが遅れてしまうことです。

結果的に身体も左方向に流れてしまいます。このようなミスを防ぐには、
右足のかかとを地面につけたまま、スイングすることです。

右足を地面につけたまま、右サイドで身体を回転させる意識を持つと良いです。

2.    右ひじでタメを作るタイプ
右ひじでタメを作るのが適したタイプは、ボールはセンターにセットし、
トップを耳の真横にセットし、ドローボールを打つ方です。

このような方々が犯しやすいミスは、右ひじを身体に引きつけすぎてしまうと、
身体がオープンになってしまい、ヘッドが遅れてしまい、ボールが右方向に飛んだり
スライスしてしまうことです。

このようなミスを防ぐためには、左手1本で素振りをすることです。
左手1本の素振りは、身体がオープンになってしまうと、ヘッドがボールに
届かなくなるので、練習しているうちに、身体の真正面でボールを捉えることが
できるようになります。