スイングのタメ


今回は、スイングのタメについて、紹介したいと思います。
プロゴルファーとアマチュアゴルファーのタメには、どんな違いがあるのでしょか。

プロゴルファーのスイングを見てみると、素振りでも実際にボールを打つ時でも、
フォームが一定で、しっかりとタメが作れています。

プロゴルファーにとって、素振りでもボールを打つ時でも、
ボールを打つという意識はなく、インパクトをあまり意識してないからと考えられます。

それに対してアマチュアゴルファーは、素振りでは結構タメが作れているにも関わらず、
ボールを打つ時には、手首のコックがすぐにほどけてしまい、素振りとフォームが
かなり変わってしまうようです。

多くのアマチュアゴルファーの方々は、スイングの切り返しの連続性に乏しく、
トップで動きが一旦止まってしまう傾向が見られます。

タメを作るためには、まずは手首の動きを意識しないことです。
手首ではなく、ヘッドの動きを意識します。

ヘッドをトップの位置から、真下に一直線に下してくる感覚を持つと、
タメが自然に出来てきます。

一直線という感覚が大切で、ヘッドが円を描いて下りてくる感覚だと、
タメが途中でほどけてしまい、ヘッドが走りません。

ヘッドを一直線に下してくる際に、身体が左方向に流れないようにして下さい。
ヘッドが一直線に下りてくるときも、身体が右サイドで踏ん張り、頭も
右に残っていることが重要です。