スイングのリズム


今回は、スイングのリズムについて、紹介したいと思います。

ターゲットにボールを打っていくためには、
腕の動きや身体の動きに注意を払うと思います。

しかしボールが当たるタイミングが合わないと、ミスショットになってしまいます。
パットのタイミングを合わせるためには、タイミングが重要になってきます。

パッティングリズムでオススメなのが、2拍子でスイングすることです。
アドレスをセットしたら、2、2、2、2と2と言い続けます。

3でバックスイングを開始して、4でダウンスイングを開始します。
アドレスしたらすぐに2を唱えるのは、雑念を振り払うためです。

通常のスイングでは、アドレスで1と唱えます。
バックスイングで2と唱えます。3でダウンスイングを開始します。
数え方のタイミングが悪いと、上体が起き上がってしまうので、注意してください。

ところで、練習場ではイメージ通りのショットが連発するのに、
ラウンドではミスショットに連発してしまうことはありませんか。

理由の1つに、リズムがあります。練習場では、
連続してボールを打つことができるので、スイングのリズムが良くなります。

しかしラウンドでは,次の一打を打つまでに、時間が経ってしまい、
リズムが狂いやすくなります。

ラウンドでは、アドレスしたら、心の中で、リズムを唱えることに集中してください。
ボールに集中しやすくなってきます。ベストなリズムは、個人個人異なります。
ベストなスイングリズムと歩くリズムは同調していると言います。

歩くリズムを意識してみて下さい。
歩く時は、腕を振って、やや大股で、カカトから着地して歩いてみて下さい。