スイングの安定をひざで作る方法


今回は、スイングの安定をひざで作る方法について、紹介したいと思います。

ショートアイアンならうまく打てるのに、みどるあいあんになると、
ミスショットが出やすい。芝の上からボールを打つと、ダフリやトップになってしまう。

このようなミスショットの原因は、ひざの動きにあります。
ひざの高さを注意することによって、下半身に安定感が出てきます。

スイングの基本は、身体の回転にあります。回転を一定に保つには、
下半身に無駄な動きがないことが重要です。
下半身を効率的に動かすためには、ひざの高さを一定にする必要があります。

バックスイング中で注意することは、右ひざの角度を一定にすることです。
右ひざが伸びてしまうと、それだけでスイング軌道が狂ってしまいます。

右ひざの角度を一定にするには、意識ことが大切です。
意識すれば、右ひざの角度を一定にすることは、難しいことではありません。

ダウンスイングでは、右ひざの位置が重要になってきます。
右ひざが前方に出てしまうと、ひっかけや振り遅れが多くなってしまいます。

右ひざが前に出ることによって、上半身も突っ込みやすくなってしまいます。

ダウンスイングでは、ひざの高さを維持したまま、右ひざを左ひざに近づけるようにして下さい。
あまり意識しすぎてしまうと、動きがぎこちなくなってしまいますので、
腕を下に下ろしてくるイメージでダウンスイングをしてみて下さい。

インパクトからフォロースルーにかけては、
ベルトのバックルをターゲット方向に向けていくようにしてみてください。