スイングの癖や弱点を発見する練習ドリル


今回は、 スイングの癖や弱点を発見する練習ドリルについて、紹介したいと思います。
自分のスイングの弱点を発見し、ショットを安定させるためのドリルを説明していきます。

今回の練習ドリルは、スローモーションスイングです。
通常通りアドレスして頂いたら、15秒でトップまでバックスイングしていきます。

バックスイング

トップからインパクトまでも15秒で、ダウンスイングしていきます。
インパクトからフォロースルーまでも15秒で、フィニッシュを決めていきます。

daunnsuinngu

スイングの開始から終わりまでを45秒で、行っていきます。
スイングをしている最中に、迷いがある部分やしっくりこない部分を
発見することができます。

foro-suru-

通常のアドレスをとっていただいたら、15まで数を数えながら、
ゆっくりバックスイングしていきます。

同じように15から30まで数を数えながら、ダウンスイングしていきます。
30から45まで数を数えながら、インパクトからフォロースルーをしていきます。

例えばバックスイングのコックの部分で迷いが出たとしたら、
そこに問題点が隠れているかもしれません。

腰までの動きから腰から上の動きは、スイングが振り子から捻転に切り替わる
境目なので、難しい部分でもあります。

このような場合は、自分の正しいスイング軌道に上げる事ができるように
何回も練習してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼