スイングの遅れを修正する練習ドリル


今回は、スイングの遅れを修正する練習ドリルについて、紹介したいと思います。

身体の回転を意識すると、身体の回転に注意が行ってしまい、降り遅れが起きやすくなってしまいます。
振り遅れの原因としては考えられるのが、両脇が開いてしまうことです。

バックスイングで右脇が開いてしまい、ダウンスイングでは左脇が開いてしまうと、振り遅れてしまいます。
アドレスする時に、クラブを胸の前で握ってみてください。クラブを胸の前で握ろうとすると、
クラブの重みで腕が下がってきてしまいます。

腕が下がらないようにするためには、両脇を締める必要が出てきます。
その状態からクラブを下ろすことによって、両脇を自然に占めることができます。

バックスイングでは、手首の位置は、常に胸の前にセットしておくことが大切です。
バックスイングでは手首をこねてしまうと、ヘッドが寝てしまい、手首が胸の前から外れてしまいます。

その状態でダウンスイングをしてしまうと、シャフトが寝たまま降りてきてしまいます。
手首を使わないで、上体を捻転させることによって、手首が胸の前にセットされます。

トップからダウンスイングにかけては、無理に間を取る必要はありません。かえって早く手首が解放されてしまいます。
シャフトを空に向けた状態で、アップライトなスイング軌道を意識して下さい。