スイングを2つに分けてマスターする方法


今回は、スイングを2つに分けてマスターする方法について、紹介したいと思います。

ゴルフのスイングは、大きく2つに分けることができます。
腕のスイングと身体の捻転です。

ナイスショットをするためには、腕と身体を一体化させる必要があります。
しかし一体化させようとがんばろうとするほど、確認ポイントが増えてしまい、
スイングがぎこちなくなってしまいます。

バックスイングからダウンスイングにかけて、足首、ひざ、腰、腕、両肩は、
場所ごとの動きをしながらも、お互いに関係しあっています。

各ポジションが一体化してこないと、スイング軌道が安定してこないで、
ボールの飛距離や方向性がばらばらになってしまいます。

まずは下半身は、どっしりと構えることが重要です。
腰から上の部分は、捻転させていくことが重要です。

ゴルフのスイングにおいて、上半身には上半身、下半身には下半身の役目があるのです。
2つの一体化を目指すためには、一旦別々に考えていく方が、マスターしやすいです。

バックスイングに入ったら、上半身の動きが重要になってきます。
右肩が左腰を引っ張っていくイメージを持ってみて下さい。

この動きによって、下半身が肩の開きよりも後に開いていくようになります。
ダウンスイングでは、下半身の動きが重要になってきます。

左腰が右肩を引っ張っていくイメージです。それに伴って、
腕を下に下していく感じです。

このように、注意するポイントをしぼってスイングしてみて下さい。