スイングスタートのポイントは、足の動き


今回は、スイングスタートのポイントは、足の動きというテーマについて、紹介したいと思います。

多くのゴルファーのスイングは、腕からスタートしていることが多いです。
腕の動きを抑制して、身体全体でバックスイングを開始するためには、かかとを使っていきます。

バックスイングを開始する前に、左足のかかとを地面から離します。
再びかかとを地面につけた勢いを利用して、バックスイングを開始します。

アドレスした時に、足をわずかでも動かしていた方が、スイングがスムーズになります。
上半身がリラックスして、捻転を効率的に使うことができて、飛距離や方個性がアップします。

野球だと、移動してくるボールをを打つので、身体を動かしてタイミングを取りやすいですが、
ゴルフの場合は、ボールが動いていないのでで、身体でタイミングが取りにくいです。

練習ドリルとしては、誰かに下手投げでボールを投げてもらいます。
野球のバッティングのフォームを作ってもらい、
右足に体重を乗せて、左足で踏み込んで、打つ真似をして下さい。

踏み込んで打つ感覚を体感することができます。この練習を何回かやってみたら、
通常のアドレスをとってください。移動してくる野球のボールを打つイメージで、
左足のかかとを地面から離して踏み込んでバックスイングを開始して下さい。