スイングプレーンとフォロースルー


今回は、スイングプレーンとフォロースルーについて、紹介したいと思います。

ミスショットの原因にはいろいろありますが、ショットに大きく影響を与えるのは、頭の位置です。

頭が動いてしまうと、ダフリやトップの原因になってしまいます。
頭の位置は、動いているかどうか分かりにくく、また自然に動いてしまう部分なので、修正が厄介です。

頭を動かさないためには、背骨を中心にコマのように回転させて下さい。
頭を動かさないようにスイングしようとすると、身体に力が入ってしまい、スイングがぎこちなくなってしまうからです。

スイングがぎこちないのに、無理やり頭を動かさないようにしてしまうと、
インパクトからフォロースルーにかけて、右肩が落ちてしまい、クラブをすくい上げる形になってしまい、
ダフリの原因になってしまいます。

ドライバーであれば、天ぷらがでやすくなってしまいます。
アドレスしたら、注意する場所は、頭ではなく、背骨です。背骨を中心にして、
身体をコマのように回転するイメージを持つことによって、
両肩がスムーズに回転して、頭の位置をキープできます。

コマ回転をすることによって、手と身体が一体化して、スイング軌道が安定してきます。