スイング中のフェース面、スイングプレーンのチェックドリル


今回は、スイング中のフェース面、スイングプレーンのチェックドリルについて、紹介したいと思います。

このように極端にクラブを短く持って下さい。
シャフトのぎりぎりで結構です。

極端に

この状態でアドレスを構えていただきます。
グリップ側は、左サイドに出してください。

この状態でアドレスを

このような形で、まずスクエアにフェイス面を向けていきます。
ここからバックスイングしていきます。

スクエアに

この状態の時に、シャフト方向、フェイス面をチェックして下さい。
前傾角度から真正面を向くようにして下さい。

チェック

シャフトの向きは、スタンスの向きと平行になるようにして下さい。
シャフトをインサイドに引くと、画像のようになってしまいます。

インサイドに引くと

手だけで上げると、画像のようになってしまいます。
シャフトがまっすぐになるように身体全体でフォームを作っていきます。

手だけで上げると

バックスイングを上げていくと、画像のような形になります。
グリップエンドが地面を向いているかチェックして下さい。

toppu

トップでは、グリップエンドが真後ろに向くようにして下さい。
フェイス面は、ななめ45度に向くようにして下さい。
それが、正しいフェイス面です。

toppu1

続いてダウンスイングです。ここからは先ほどと同じです。
インパクトまで戻します、ここからフォロースルーです。

ダウンスイング

シャフトを右側に出していただきます。
時計の針で言うと11時あたりです。

ボールの前方にシャフトが来るようにして下さい。
フィニッシュでは、グリップエンドが目標方向に向くようにして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼