スイング作りの秘訣


今回は、スイング作りの秘訣について、紹介したいと思います。
みなさんがゴルフを習い始めた頃について、お聞きします。

ゴルフの練習で、ドライバーなどでフルスイングから練習を始めましたか。
それとも短いクラブで、アプローチの練習から始めましたか。

多くの方が、ドライバーなどでフルスイングしていたと答えます。
しかし、いきなりフルスイングだと、なかなかスイングが安定してこないのです。

フルスイングから始めてしまうと、確かにヘッドスピードは上がるので、
飛距離は出るかもしれませんが、スイングの安定性を欠き、飛ぶけど、真っ直ぐには行かない現象が起きてしまいます。
結果的に、アイアンも飛ぶけど、曲がるということになってしまいます。

逆に短いクラブで、アプローチから始めると、ボディターンを覚えることができ、
クリーンにヒットする感覚を身につけやすく、曲がらないショットの練習になるのです。

短いクラブで、曲がらないボールが打てれば、ドライバーでも真っ直ぐなボールを打てるようになります。

ゴルフは、ドラコンではありません。カップに入れる競技です。
プロでも、勝負の決め手は、ショートゲームです。
そうなるとアプローチからスイングを作るのが、賢明なのです。

アプローチなどのショートゲームのスイング軌道は、ストレートと思っていませんか。

そうではありません。ショートゲームの正しいスイング軌道は、インサイドに引いて、
インサイドに振り抜くインサイドインが基本です。

ヘッドをストレートの軌道で、スイングしてしまうと、インパクトからフォローにかけて、
脇が空いてしまうからです。

どんなにピンまで距離が短かったとしても、わずかでもインサイドインの軌道をとることで、正確なスイングになるのです。

アプローチの練習では、身体の軸がぶれない回転運動が重要になってきます。
軸が動いてしまうと、回転運動が減ってしまい、ヘッドが走らなくなってしまいます。

逆に回転運動がしっかり行われて、グリップの左右へのずれが少ないと、クラブが走りやすくなります。

回転運動をマスターするために、両脇にタオルを挟んで打ってみましょう。
クォータースイングをしてみて、タオルが落ちなければ、腕と身体が一体になって、
回転運動が出来ていると言えます。

他の練習法としては、横振りがあります。両脇を締めて、クラブを胸の高さくらいまで上げて振ります。

この練習によって、腕と身体の一体感、回転運動で打つことを確認できます。

もしドライバーでのフルショットからゴルフを始めてしまい、なかなかアプローチに移ることができない方々のための、練習法をいくつか紹介したいと思います。

最初の練習法は、両足を揃えて打つ練習です。クラブは7番アイアンが良いでしょう。
ポイントは、手首の角度をぎりぎりまで変えないことです。
インパクトの手前まで、手首の角度を変えないことが重要です。

インパクトで、手首のコックをほどいていく感じです。
手首の角度をインパクトの手前でほどくほど、ヘッドスピードが上がらず、ボールが飛びません。

正しいフォームで打つことができれば、130ヤードは飛ぶはずです。両足を揃えてもフルショットの80%の距離を出すことができます。

次の練習は、ドライバーで160ヤードを飛ばすコントロールショットに挑戦してみましょう。
この練習で身体の動きをコントロールすることを覚えることができます。
腕と身体の一体感を体験することができて、クラブの軌道を身体で感じながら、スイングすることができるようになります。

飛ぶけど曲がる方は、この2つの練習法を試してみて下さい。
飛んで曲がらないボールを打つことができるはずです。