スイング軌道をチェックする練習ドリル


今回は、スイング軌道をチェックする練習ドリルについて、紹介したいと思います。

スイング軌道の再現性が高いということは、毎回一定の角度で、
ボールを捉えることにつながり、安定した飛距離と方向性を生み出します。

安定したスイング軌道を作るためには、グリップが大切です。
グリップを安定させるためには、クラブを握らずに、
手の平でグリップを感じるようにしていきます。

最初に手のひらを両方開いて、クラブを握ってみて下さい。
手の平を揃えて、構えて下さい。

手の平を両方

ここからバックスイングをしていきます。
このようにすることで、スイングプレーンに沿ったスイングプレーンが作れます。

正しいスイング

例えば手の甲が空を向くようにバックスイングしていしまうと、
クラブが下に倒れてしまいます。

例えばこのように

そうではなくて、手の平を合わせた部分が、飛球線の反対側を向くようにすると、
正しいスイング軌道になってきます。

ダウンスイングでは、手の平を合わせた部分でボールを打つようにスイングしていきます。
最初は、難しいと思いますが、手の平を合わせていただいて、
手の平が上下に回転しないようにして下さい。

▼動画レッスンはこちら▼