スイング軌道を安定させる練習方法


今回は、スイング軌道を安定させる練習方法について、
紹介したいと思います。

大きくフックしたかと思ったら、次は度スライスしてしまった。
毎ショット、どこにボールが飛んでいくか分からないなんてことはありませんか。

主な原因として考えられるのは、フェースが毎回違う方向を向いていたり、
スイングの軌道が、毎回違っていることが挙げられます。

バックスイングが外側に上がってしまうと、両脇が開いてしまい、
トップでヘッドの位置がずれてしまいます。

逆にバックスイングが内側に上がってしまう時は、たいてい手首を使っています。
手首を使うと、肩がしっかり回らないため、スライスやフックの原因になります。

不安定なスイングを直す練習方法は、バックスイングで、真っ直ぐ後ろに
30センチ引く習慣を身につけることです。

ボールから30㎝右側に、ゴムティのような軽いものを置きます。
バックスイングで、ヘッドが毎回ゴムティに触るように練習します。

慣れてきたら、目をつぶってもゴムティに触るように練習します。

ゴムティの外側をヘッドが移動したら、アウトサイドにクラブが上がっています。
ゴムティの内側をヘッドが移動したら、インサイドにクラブが上がっています。

毎回、クラブがゴムティを触るように何回も練習しましょう。