スイートスポットでインパクトする方法


今回は、スイートスポットでインパクトする方法について、

紹介したいと思います。

 

インパクトで、ボールがヒール寄りでヒットしてしまう原因は、

ダインスイングで、右ひざが出てしまうことが考えられます。

 

右ひざが出てしまうと、スイング軌道がアウトサイドインに

なってしまい、ボールをカット気味に捉えてしまい、

スライスになってしまいます。

 

スライスを防止するためには、ダウンスイングから

フォロースルーにかけて、右足のかかとが

浮きすぎないようにします。

 

右ひざが上がってしまうと、右ひざが前に出やすくなってしまいます。

ダウンスイングの時は、右足の内側を地面に

こすりつけるようにスイングしてみて下さい。

 

右足の内側を地面にこすりつけるようにすることによって、

右ひざが前に出るのを防いで、アウトサイドインを

防いでくれます。

 

次にダウンスイングのクラブの角度です。

ボールがクリーンヒットしない時は、

右腕に力が入ってしまい、クラブが寝てしまうことがあります。

 

クラブを立てて振るためには、右ひじを地面に向けるようにして、

グリップエンドを地面に突き刺す感覚で、ダウンスイングしていきます。

地面に突き刺す感覚を持つことによって、クラブが立ち、

インパクトで身体が開くのを抑えてくれます。