スコアが80前後の方々のバンカー


今回は、スコアが80前後のゴルファーの方々が、対象になります。

かなりハイレベルな技術ではありますが、ボールを軟らかく高く上げて、
落ちたら、スピンをギュギュッと効かせるバンカーショットを紹介します。

このバンカーショットのポイントは、砂を削り取るのではなく、
かなりダウンブローでインパクトを迎えることにあります。

フェースの角度は、時計の12時を向くくらい、大胆にオープンに構えます。
バックスイングでは、さらにフェースはオープンになります。

そのオープン具合を維持しながら、ダウンスイングを開始して、
ダウンブローでヒールからインパクトを迎えることに感じで、スイングします。

スイング軌道が斜めになりながら、ボールを打っていくようにします。
アウトサイドインの軌道になります。

ヒールから打っていくと、バンカーの表面が多少硬くても入りやすく、
インパクトでフェースにボールが乗り、回転がかかるので、スピンが効くようになります。

大胆なダウンブローで打ち込むためには、手首を縦方向に使います。
エクスプロージョンショットを意識する必要はありません。
ヘッドを上から落としてくる感じが大切です.

ヘッドを落とす時は、腕で落とすというよりは、
手首のコックを縦方向にほどいて、ヘッドを落としていきます。

フォロースルーを大きくする必要はありません。
インパクトでヘッドを止める感じで良いです。

フォロースルーを無理に取ろうとすると、身体が伸びてしまい、
ヘッドをダウンブローで打ち込むことができなくなってしまいます。

頭が動かないように、身体の軸を維持して下さい。

ダウンブローで左腕を意識しすぎると、身体が飛球線方向に動きやすくなってしまいます。
身体のズレを抑えるために、右腕を意識して打ちます。

バックスイングでは右ひじを折りたたんで、ダウンスイングでは、右ひじを伸ばしていきます。
そうすると、クラブを縦方向にスイングしやすくなります。

フォロースルーでは、右ひじを伸ばしていくようにすると、硬い砂でも打ち込みやすくなります。