スコア90前後の方々のためのバンカー


今回は、スコア90前後のゴルファーの方々が対象になります。
それなりの危険は伴いますが、高いアゴ、薄い砂から高いボールを打つ方法があります。

初級編と大きく異なる点は、フェースをオープンに構えます。
オープンフェースで低いスイング軌道でインパクトを迎え、
低い軌道でフォロースルーをとります。

フェースのオープン具合は、フェースが時計の12時を向くくらい開きます。
決して上げようという意識を持たないようにして下さい。

地面に対して、水平にスイングすることで、砂を薄く剥ぎ取るイメージです。
インパクトでは、ヘッドが先に来る事が大切です。

インパクトでハンドファーストになってしまうと、
ヘッドが急角度になり、ダフリの危険性が高まります。

高いボールを打つためには、ボールの位置を身体から離すことが大切です。
身体がボールが離れると、スイング軌道が地面と水平になりやすくなります。
身体の角度を維持してスイングすれば、砂を薄く取ることができます。

右足を砂に埋め込んで、左足上がりの状態を作っても、ボールが上がりやすくなります。

身体の回転を止めて、止めた反動でヘッドが振れるイメージを持つと、
身体が左右にぶれる事なく、インパクトを毎回同じ位置で迎える事ができます。

頭を動くことなく、同じ位置にあるようにします。
ボールの真下にクラブヘッドが入るようにします。
インパクト後のフォロースルーでも、フェースのオープン具合はを維持して下さい。

地面と水平の低くて長いスイング軌道にするためには、
ダウンスイングの腰付近から、手首のコックをほどいていきます。
常に身体の軸が左右にずれないようにして下さい。

高いアゴからバンカーショットは、高いボールを打ちたい意識が強くなるので、
身体が伸び上がりやすくなります。
下半身の動きを最小限にして、上半身中心の動きになります。

体重移動は、必要ありません。身体の中心を軸にして、
振り子をイメージして、スイングすると、身体の軸のズレを抑えることができます。