スタンスを変えたピッチアンドラン


今回は、スタンスを変えたピッチアンドランについて、

紹介したいと思います。

 

ヘッドを強く入りすぎてしまい、ピンをオーバーしてしまったり、

マニュアルを確認しながらスイングしても、

ミスショットが多発してしまう。

 

多くのゴルファーの方は、ピッチアンドランで打つ場合、

オープンスタンスでアドレスしていると思います。

 

スタンスに工夫を加えていきます。

スタンスをクローズドスタンスにしてみます。

 

クローズドスタンスにすると、上からヘッドを

入れていくタイプのゴルファーにはおススメです。

 

オープンスタンスにアドレスすると、

バックスイングがうまく上がらずに、

手で調整してしまいます。

 

クローズドスタンスでアドレスすると、

バックスイングで、手がスムーズに動く様になって、

ヘッドの入りがスムーズになってきます。

 

ソールが芝を滑りやすくもなって、

インパクトも安定してきます。

 

ボールの回転は、ややフック系の回転になってきて、

ボールがころがりやすくなります。

 

バックスイングがスムーズになるので、

スイングリズムがゆっくり一体のリズムになってきます。

 

スイングリズムをゆったりさせたい方や

フェイス面の同じ部分でボールをヒットさせたい方には、

おススメのスイングです。