スタンスを広げたドライバーショット


今回は、スタンスを広げたドライバーショットについて、紹介したいと思います。

ドライバーショットでは、スタンスの広さが重要になってきます。
スタンスの幅を広げることによって、トップをシンプルにすることができます。

スタンスの幅を変えることは、アマチュアゴルファーでも容易に帰ることができます。
スタンスの幅を広げてしまうと、体重移動の割合が大きくなってしまい、
身体の軸が左右に動きやすくなってしまうと思っていらっしゃる方が多いようです。

決してそうではありません。むしろ下半身の安定感が増します。
下半身が安定してくると、上半身のブレが少なくなってきます。

そうすると、トップがシンプルになってきて、バックスイングが大きくなるのを防いでくれます。
スタンス幅を大きくすることは、、トップがシンプルになって、
下半身が安定してくるのです。

スタンスの幅が広くなることによって、トップで体重が右足にスムーズに乗ってきます。
手打ちを防いでくれて、ボールに運動エネルギーを効率的に伝達することができます。

バックスイングでは、スタンスの幅を肩幅よりも広めにとります。
バックスイングでは、膝の角度を変えずに上げていきます。
右ひざをしっかりロックするようにして下さい。