スタートホールでナイスショットをする秘訣中級編


今回は、スタートホールでナイスショットをする秘訣中級編について、紹介したいと思います。
中級編の技術レベルは、スコア90前後を想定しています。

中級編では、いかに方向性を良くするかについて、ポイントを述べたいと思います。
フェースをしっかりと制御する必要があります。

初級編と違って、中級編では、若干インパクトに注意してみます。
インパクトのときは、フェース面は、飛球線に対して、直角である必要があります。

インパクトを点で捉えてはいけません。インパクトを線で考えます。
線をイメージするためには、実際のボールプラス飛球線方向にあとボール2つを並べて、
ボールを3つ打っていく感じです。

3つ同時に打っていくためには、ヘッドを低く長く振っていくことが大切です。

低く長いスイング軌道になるためには、フィニッシュの形を作ります。
ぐらつかずに完全に静止できるフィニッシュの形を見つけます。
フィニッシュのポイントは、動かず右足のかかとが完全に浮いている形です。

フィニッシュの形から、スイングを戻してインパクト、
トップの形を作る逆スイングを何回かやると、インパクトで無理やり振ることがなくなります。

バックスイングは、ヘッドから動かしていく感じです。
フィニッシュは、完全にボールが落下するまで、維持して下さい。