スタートホールでナイスショットをする秘訣初級編


今回は、スタートホールでナイスショットをする秘訣初級編について、紹介したいと思います。
初級編の技術レベルは、スコア100前後を想定しています。

スタートホールで起きがちなミスは、スイング中にグリップを強く握りすぎてしまうことです。
強く握りすぎる原因は、ボールを飛ばしたい気持ちが強すぎることにあります。

握りすぎを防止するポイントしては、アドレスした時は、
グリップはゆるゆるであることを確認します。
ゆるゆるの状態のまま、バックスイングを開始して、トップまで持っていきます。

トップからダウンスイング、インパクト、フィニッシュにかけて、
徐々にグリップを強く握っていきます。ポイントは、徐々に強くに握っていくことです。

グリッププレッシャーを適切にするために、クラブを2本用意して、
ヘッドの重みに注意を払いながら、ゆっくり素振りを繰り返しましょう。

インパクトで力が入りすぎないために、インパクトが終わりではなく、
通過点と思うようにしましょう。通過点と考えやすくするために、
トップとフィニッシュで、両肩の位置が入れ替わることを意識します。

強く握りすぎないためには、指だけでなく、肩の力を抜くことが大切です。
両肩を何回か上げ下げして、リラックスしてから、クラブを握りましょう。