スタート前、ラウンドの注意点


今回も、ティショットのコースマネジメントについて紹介したいと思います。

1.練習場での注意点
練習場でフォームを大きく修正することは禁物です。
フォームの修正は、ラウンドで球筋が安定せず、
スコアがぼろぼろになってしまう危険性があります。

スイングが多少おかしくても、ボールがストレートに飛んでいく場合は、
そのままでいきます。

球筋が、スライスがフックだとしても、無理に修正しようとせず、
その球筋で打っていくつもりで、スタートしていきましょう。

2.ティアップの高さ
現在のドライバーは、ヘッドが大きく低重心に作られています。
ティアップの高さが高すぎると、ボールが上がりすぎてしまいます。
ボールの真ん中が、ヘッドからはみ出さないくらいが良いです。

ティアップが低すぎても、スピンの量が多くなりすぎてしまうので、
注意して下さい。

3.ドライバーのスイング軌道
ドライバーとアイアンでは、シャフトの長さが随分違います。
アイアンを上げる感覚でドライバーを上げてしまうと、かなりのアップライト軌道になってしまいます。
ドライバーを上げるときは、アイアンよりも若干インサイドに上げるつもりが良いです。

4.身体の角度
前回、ドライバーとアイアンでは、スイング軌道が異なることを
お話ししましたが、他に身体の角度も変わってきます。

シャフトが長い分、身体の角度は立ってきてます。
アイアンの時のように、身体を前に倒し過ぎてしまうと、
スイングが窮屈になってしまいます。

アイアンの時よりは、若干身体を起こします。

5.ルーティン
ショット前に、一定の動作を一定の順序、一定のリズムで行うことを
プレショットルーティンと言います。

ルーティンは、集中力を高める効果があります。
まずは、どこからルーティンとするのか、ルーティンの
スタート地点を決めます。

ルーティンは、一定のリズムで行うことも大切です。
ルーティンは、ぶっつけ本番で行うと、かえって集中力をそがれる原因になります。
自然に行えるように普段から練習すると良いでしょう。

6.ボールにライン
ボールの赤道付近にラインを引きます。
そのラインを、ターゲット方向に合わせたら、
クラブヘッドをラインと垂直になるように、セットします。
ラインと平行になるように、スタンス、膝、腰、肩をせっとします。

ミスショットの原因の大半は、身体の向きがずれていることがおおいので、
ミスショットの防止に役立ちます。