スタート前の練習


今回は、スタート前の練習について、紹介したいと思います。

スタート前の練習で、多くの方々は、フォームの
修正をしようとしてしまうようです。

しかしフォームの修正に集中してしまうと、
きりがなくなってしまい、欠点ばかりが目につき、
集中力が落ちてしまいます。

スタート前の練習では、今日のスイングの全体的な
状態を確認することが重要です。

球数はあまり必要ではありません。球数を追ってしまうと、
かえってフォームを崩してしまったり、フォームが
気になってしまうからです。

球数を少なくして最大の効果を得るためには、
どのクラブで何球づつ打つかをあらかじめ決めておくことが重要です。

どのクラブを使うかは個人差がありますが、おすすめは、
ピッチングウェッジ、8番アイアン、5番アイアン、
ドライバーが良いかと思います。

ピッチングウェッジでは、スタンスがストレートであるか確認して、
クオータースイングで、スイングのフィーリングを確認します。

球数は10球程度で良いかと思います。スイングが小さいので、
ミートしやすいと思います。ミートの感覚を十分に確認しておいて下さい。

徐々に距離を伸ばして打っていきます。それに伴って、
スイングが大きくなっていきます。
10から10ヤード刻みで、40ヤードまで2球づつ打つと良いです。