スタート直前の素振り


今回は、スタート直前の素振りについて、紹介したいと思います。

スタート直前は誰でも緊張するものです。
スタートで良いショットを打てれば、最高の気分でラウンドしやすいでしょうし、
スタートでOBを打ってしまったら、気分はなかなか乗らないでしょう。

最悪のスタートを防ぐためにも、スタート直前に、ミスを最小限に抑える素振りを
紹介します。

素振りでは良くても、いざボールを打とうとすると、身体についつい力が入ってしまい、
本来のスイングができなくなってしまいます。

ミスショットの最大の原因は、スイング軌道に乱れが出て、
インパクトで、ヘッドが飛球線に対して、直角にならないことです。

そこで試していただきたい素振りが、傾斜地での素振りです。
傾斜のある場所での素振りは、足場が不安定な分、余計な動作が入りにくいので、
正確な素振りがしやすくなります。

つま先下がりの素振りは、良いショットを打つための準備運動として最適です。
つま先下がりだと、バックスイングで体重が右に乗り、ダウンスイングで、
左足の股関節に体重が乗る感覚を体感できます。

スタートホールのティショットは、大抵ドライバーのはずです。
ドライバーを振ることによる遠心力の作用で、上体をしっかり捻転できるので、
ストレッチの効果もあります。

つま先下がりの素振りに、大振りは必要ありません。
大振りしてしまうと、バランスが崩れてしまうので、ハーフスイングくらいが良いでしょう。

動かすのは、基本的に上半身です。
下半身は、バランスを崩してよろけない程度に、支える程度で十分です。

上半身をバランスが崩れない程度に捻転して、つま先体重を維持して、
前傾角度を保ちましょう。

つま先下がりでは、スイング中にかかとが地面につきやすく、べた足になります。
自然と下半身の使い方をマスターできます。

他にも素振りのバリエーションがあります。
ダウンスイングで上半身が突っ込み過ぎたり、バックスイングで下半身が踏ん張れず、
右に動いてしまう方は、左足上がりの傾斜で素振りをおススメします。

スタンスはワイドにして、バックスイングで右ひざに体重をかけます。
ダウンスイングでは、左ひざをターゲット方向に開きながら、スイングします。
下半身の動きがなめらかになります。

身体が伸びあがったり、体重移動がスムーズにいかない方は、
左足下がりの素振りをおススメします。

左サイドでしっかり体重を感じて、ダウンブローでスイングします。
左足に体重が乗りやすいので、身体の伸びあがりや、前傾角度を維持できます。