ストレートスタンスで打つバンカーショット


今回は、ストレートスタンスで打つバンカーショットについて、

紹介したいと思います。

 

ストレートスタンスで打つメリットは、

常に安定したアドレスで構えることができます。

ヘッドがきれいに抜けてくれます。

チップインを狙えることです。

 

逆に一般的なアドレスであるオープンスタンスの

デメリットは、

アドレス、フェイス面の向きが毎回不安定に

なりやすい。

ターゲットに向かって振り抜くことができない。

ボールが地面に落ちてから、横方向に動いていく。

飛距離が出ないので、振り幅を大きくしなければならない。

ヘッドの入射角も不安定になってしまいます。

 

バックスイングでは、重心を落とした状態を

維持するようにします。

上半身を十分に捻転させて、クラブを上げていきます。

 

手首はロックしないように、手首の柔軟性を維持しながら、

ヘッドの重さを利用しながら、ダウンスイングしていきます。

 

そうすると、きれに振る抜けるようになります。

手首は振るというよりは、真下に落としていく感じです。

 

胸が開かないように、ダウンスイングして下さい。

右肩は高い状態を維持して下さい。

 

右肩が高い状態を保っておけば、

ヘッドの軌道が、なだらかな曲線を描いて、

砂を薄くとることができるようになります。

 

フォロースルーは、ヘッドの重さを利用して、

振り抜いて下さい。