ストレートボールを打つための親指の形


今回は、ストレートボールを打つための親指の形について、紹介したいと思います。

常に同じスイングをするためには、常に同じアドレスが必要です。
同じアドレスをとるためには、肩、腰、ひざ、足の向きをチェックする必要があります。

もうひとつチェックするべき点は、グリップです。
グリップが変わってしまうと、アドレスが変わってしまうので、
グリップのチェックは、大変重要になってきます。

グリップは、感覚的な部分も大切ですが、感覚は毎日ちがうので、
感覚だけに頼ってしまうと、グリップは徐々にずれてきてしまいます。
ある程度は、客観的な基準が大切です。

まずは右手です。右手をかぶせてグリップしてしまうと、
右ひじが出てしまい、それにつられて右肩も出てきてしまいます。
そうすると、身体のラインは、結果的に左方向に向いてしまい、
ボールは、左方向に飛んでいったり、フックになります。

右手をかぶさないために、親指の位置をチェックします。
右手がかぶっている時は、右手の親指が、身体のセンターを指します。

自分から見ると、右手の甲に隠れて、右手の親指が見えなくなります。
正しい親指の位置は、右手と右手の親指が平行になっています。

この状態だと、自分から右手の親指の爪が見えるはずです。
正しいグリップになると、スタンスもストレートスタンスになります。

飛球線と反対方向から見ると、左腕が半分見えている状態になります。