ストロンググリップの正しい握り方


今回は、ストロンググリップの正しい握り方について、紹介したいと思います。

ストロンググリップは、スクエアグリップと比較して、
左手をかぶせていただいて、右手を横から握る方法です。

身体の正面から見た時に、
左手の人差し指、中指、薬指のでっぱりが見える
握り方です。

最近のドライバーは、球離れが早いので、
飛球線に対して、フェイス面がスクエアに当たれば、
ボールはストレートに飛んでいきます。

スイングは、シンプルな動きが要求されます。
そうすれば、確実にミスショットは減ってきます。

ストロンググリップであれば、右ひじを折りたたむだけで、
バックスイングを上げることができます。

右ひじの動きを意識するだけで良いので、
スイングがシンプルになってきます。

握り方ですが、左手は、手の平のふくらみに乗せるように、
上から握っていきます。
グリップエンドから2~3センチ余らしたところから、
握っていきます。

左手は、上から握るようにします。
そうすると、左手をかぶせて握ることができます。

両手を握ったら、両手の親指と人差し指の付け根が、
右肩を指すようにします。

両手の付け根から右肩を指す2本のラインが平行に
なっていれば、両手に一体感が生まれます。