ストローク中にパンチが入ってしまう方への改善方法


今回は、ストローク中にパンチが入ってしまう方への改善方法や
パターの振り幅をコントロールする為の練習方法について、紹介したいと思います。

このようにボールを両足のつま先の前にセットしてみて下さい。
ボールの前にアドレスしてみて下さい。

セットします。

つま先の前

ここで、バックスイングの時にボールに当たらないように、
前にヘッドを出した時もボールに当たらないように、
スイングしてみて下さい。

バックスイングの時に

ストロークを作ってみて下さい。
地面にセットしたボールに当たらないように、ストロークしてみて下さい。
ここで、実際にボールを打っていきます。

前に出した時も

ボールよりも1個前に出していただき、セットしてみて下さい。
アドレスしたら、両端のボールに当たらないように、
真ん中にセットしたボールを打ってみて下さい。

何回かストロークしてみて下さい。
このようにふり幅を揃えて、同じ距離にボールを止めるようにしてみて下さい。

この練習で、1球だけボールが転がってしまったり、
1球だけボールが転がらなかったりしてしまうと、
パターの安定感がなくなってしまいます。

ふり幅で一定のリズムとストロークをマスターしてみて下さい。
このドリルで、ふり幅を矯正して、練習してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼